中学生にあがったら苦手科目をなくすために家庭教師を雇え

男性

入学への熱意を伝える方法

高校入試の面接では、程度の差こそあれ誰もが緊張してしまうものですし、限られた時間のなかではありますが、自分のよいところを知ってもらえるチャンスです。学力検査や書類だけではわからないあなたの人柄や入学への意欲を伝えられるように、質問に対する受け答えを事前にしっかりと準備して、面接に臨みましょう。

行き届いた指導

女生徒

能力を引き出す

多くの中学生は、放っておいても自分から勉強をするわけではなく、適切な雰囲気づくりと、勉強に興味を持たすことができるような指導が必要になります。いくらレベルの高い学習指導をしたとしても、難解で興味を持てないものであると、途中で投げ出さないとも限りません。そういった中学生が、興味を持って学習に臨めるような環境を作り出すプロが塾であり、家庭教師であります。塾の場合は、一般的には人数が多く集まっていることが多く、学校の授業の延長線上にあるような雰囲気になる場合も有ります。これでは、自分への注目度は自然と下がるため、自分の興味を常に引いてくれる状態にはならないかも知れません。しかし、家庭教師であれば、一対一が前提であり、既によくわかっている部分は省き、わかっていないところを重点的に教わることができます。中学生のころは、自分がわかっていない部分を自分で把握できていないという場合も多く、何につまづいてしまったか、気が付いていないことも多くあります。それを見つけることも家庭教師の仕事の一つであり、その部分を解きほぐしていくことで、さまざまなことが繋がり、理解できることもあります。これらは、個人指導の家庭教師だからこそ、じっくりと指導することでわかってくること、といえるのです。このように、家庭教師をつけ、一つ一つの問題を解決していくことで、中学生段階で「わかる楽しさ」を感じることが出来、その後の能力を開花させることにつながる可能性があるのです。

書類

大学の志望理由の書き方

大学で課せられる志望動機の記述課題では、志望大学のどのような点に惹かれたかに加え、自分の能力をどのように伸ばしたいかということを書く必要があります。その際には、できないことより今できること、持っている能力といった自分のポジティブな部分をアピールしましょう。

男女

大きな大学のグループです

渋谷区に本部をおいてある帝京短期大学は、帝京大学を同じグループとして存在しています。そのため、実習室など教育施設も充実していることから、実践的な知識や技術を学ぶことができます。また、編入生の受験生受け入れも積極的に行なっています。